平成26年 11月 熊本認知神経リハビリテーション研究会

 12月の定例会が12月3日に行われました。

  タイトル:『発達について考える~発達科学と認知過程~』      
  講  師:山内一正先生
     (熊本総合医療リハビリテーション学院;理学療法士)

如何に、手の使い方を教えるか。子どもの手に意味を与えるということを中心に多くの意見交換ができました。我々も、普段診ることができない小児の領域であり、貴重な経験ができました。
山内先生、ご参加のみなさんありがとうございました。
12月の報告でした。掲載が大変遅くなり、すみません。

本年も多数のご参加をお願い申し上げます。
1月28日に「道具と実技」が行われます。下記よりご確認ください。