平成26年度 8月 熊本認知神経リハビリテーション研究会

先日は熊本認知神経リハビリテーション研究会の8月定期勉強会に多数、ご参加いただきありがとうございました!!
「病理を克服する為の道具立て」というテーマで青磁野リハビリテーション病院 作業療法士の宮城大介先生に御発表いただきました。

訓練を皆で考え、実技の練習をしました!!
皆さんの活発な意見のおかげで、有意義な時間を過ごせました。
次回9月24日の定例会は
「システムアプローチについて」です。

 

※次回も多数のご参加と臨床場面での質問をお待ちしています。